楽天でんきのメリット、デメリット

ポイント還元がすごいことで有名な楽天ですが、そのサービスのひとつである「楽天でんき」はどうなんでしょうか。

ネットの反応を見てみると

安くなった!ポイントがめっちゃついた!!
という口コミをみます。
その一方で
むしろ高くなった。。。
という口コミもみます。
実際どうなのか気になりますよね。
今回は楽天でんきのメリットやデメリットについて解説していきます。
先にまとめてしまうと、
  • 楽天ポイントがたまる
  • 楽天ポイントで電気代を支払うことができる
  • 電気をあまり使わない家では割高になることがある
  • 割高でも楽天市場でたくさん買い物する人はトータル得する!

こんな感じです。

楽天でんきって?

楽天グループが提供する電気です。離島を除く全国で契約可能です。

料金に応じて楽天ポイントがついたり、電気料金を楽天ポイントで支払えることが特徴です。

楽天でんきの料金体系

楽天でんきの料金体系の大きな特徴は

  • 基本料金0円
  • 従量課金制

といったところです。

従来は、電気を使うほどkwtあたりの電気料が使えば使うほどあがっていたため、たくさん電気を使う家ほど割高な料金となったいました。

楽天でんきはどれだけ使ってもkwtあたりの料金は一律なため、たくさん電気を使う家ほどオトクになります。

楽天でんき(楽天エナジー)に申し込む

楽天でんきのメリット

楽天でんきのメリットを簡単にまとめると、

  • 基本料金が無料
  • 楽天市場のポイント倍率が0.5倍になる
  • 電気料金に応じて100円につき1楽天ポイントがたまる
  • キャンペーン中は新規契約で3000円ポイントもらえる
  • 楽天ガスと併用してさらにポイントがたまる
  • 楽天ポイントで支払いができる

といった感じです。

基本料金が無料

たとえば東京電力であれば、30Aの家の基本料金は858円となってます。

楽天でんきでは、この基本料金が0円で使えます。

楽天市場のポイント倍率が0.5倍になる

楽天でんきを契約するだけで、楽天市場で買い物したときにもらえるポイントが0.5倍増えます。

たとえば、今まで1倍のポイントをもらっていたとすると、

10000円購入で100ポイントもらっていたのが、150円に増えます。

たったそれだけ!?と思うかもしれませんが、楽天市場でたくさん買い物をするひとにとっては馬鹿にできません。

たとえば楽天市場で年間100万円買い物すると、楽天でんきに登録するだけで5000ポイントもらえるようになります。

これでもたったそんだけ!?って思う人がいるかもしれません。

まだまだメリットはあるのでみてってください。

電気料金に応じて楽天ポイントがもらえる

楽天でんきでは、請求された電気料金に応じて、0.5%の楽天ポイントがもらえます。

たとえば、年間10万円電気料金を支払うとすると、500ポイント自動でつきます。

たったそんだけ!?さっきより減ってるし!!

って思った人、もっとメリットありますよ。

 

キャンペーン中は新規契約で楽天ポイントが3000ポイントもらえる

新規契約すると3000ポイントもらえます。

キャンペーン過ぎたらもらえねーじゃんって思うかもしれませんが、だいたい常にキャンペーンやってるので大丈夫です(笑)

ただ、前までは2000ポイントキャンペーンだったので、楽天でんきが気になる人は3000ポイントのうちに契約しといたほうがいいかもです。

楽天ガスと併用でさらにお得に

一部ガス会社(東京ガス 東邦ガス 関電ガス)のみですが

楽天でんきとセットでガス料金も一緒に支払うことができます。

楽天でんきと楽天ガスをセットにすると、楽天ポイントが0.5倍から1倍になります。

楽天カードで支払いをすればさらに1倍プラスなので、100円につき2円分のポイントがもらえるようになります。

楽天ポイントで支払いができる

支払い方法はクレジットカードのみなのですが、楽天会員なら楽天ポイントで支払いができます。

普段から楽天ポイントをためまくっている人はポイントを使って現金を消費することなく電気代を支払うことができます。

例えば、毎月5000円の電気料金をすべて楽天ポイントで支払えば年間6万も得することになります。

楽天でんき(楽天エナジー)に申し込む

楽天でんきのデメリット

楽天でんきのデメリットは

  • 20A以下は契約できない
  • 地域や電気使用量によっては割高になる
  • 支払い方法がクレジットのみ

こういったものがあげられます。

20A以下は契約できない

一人暮らしの場合は20A以下で契約されていることもあります。

その場合、楽天でんきに申し込むことができません。

気になるひとは検針票や電力会社のマイページを見て確認してみましょう。ブレーカーに書いてあることもあります。

地域や電気使用量によっては割高になる

とくに電気使用量が少ないと割高になるケースがあります。

実際に割高になるのか、安くなるのか楽天でんきのホームページでシミュレーションできるので試してみてください。

このシミュレーションで「電気料金が高くなります」と表示されたからといって、楽天でんきにかえたら損をするわけではありません。

楽天でんきにかえることでもらえるポイントも考慮して、得をするのか、損をするのかを考えてみてください。

支払い方法がクレジットカードのみ

銀行振替やコンビニ払いなどができません。

各種クレジットカードで支払うことができますが、楽天カードで支払うとポイントが増えるので

個人的には支払い方法は楽天カード一択と思っています。

楽天でんきに変更する方法

楽天でんきがおとくそうなのはわかったけど、今の電力会社解約して、楽天でんきに登録してってすごくめんどくさそう、、、

 

こんな風に思うかもしれませんが、楽天でんきにもうしこめば、現在の電力会社からの引継ぎも勝手にやってくれます。

やることが申し込むこと、それだけです。

ただ、あらかじめ検針票や電力会社のマイページのお客様番号や供給地点番号などを控えておく必要はあります。

 

まとめ|楽天でんきのメリット、デメリット

楽天でんきに登録するメリット、デメリットを簡単にまとめると

  • 楽天ポイントが貯まりやすくなる
  • 楽天ポイントをうまく利用すれば現金を減らさずに電気代を支払うことができる
  • 電気使用量によっては割高になるかもしれないが、楽天ポイントを考慮すると、トータルで得になるかも

こんな感じです。

私のような楽天ヘビーユーザーは楽天でんき一択だと思います。

ですが、実際に得するか損するかはシミュレーションや獲得ポイントを考慮して自分で計算してみてください。

楽天でんき(楽天エナジー)に申し込む

さりやまをフォロー